美味しいものと美容業と

こんにちは。


美味しいものと美容業と。

私は同じ美容師からも勿論、刺激を受けますが、飲食店からもかなり刺激を受け考えさせられます。

どちらも義務感になるか、幸せまで与えられるか。

これは消費者側の気持ちもあると思いますし、お店の努力もあると思います。

「お腹が空いたからの栄養補給」=「のびたからカットしないと」

の義務感。これも正直、必要なことでしょう。

私も一人暮らししていた時は、仕事終わってぐったりしていたので、さっさと食べてゆっくりしたいと思ってましたし、食をそんなに楽しみにしていなかった時もありました。

しかし、どうせ食べるなら美味しいほうがいいし、楽しみにできたら幸せかと思います。

美味しいのを食べた時の喜び

楽しくワイワイしながらの食事

高級店で贅沢な気分に

安くて美味しい

店員さんの気配り

オシャレな雰囲気の中で見た目もキレイな食事

・・・

義務感だけでなく、幸せや喜びや感動を与えてくれるお店。

何がお客様の心に響くかはそれぞれでしょう。

求めるとこも違えば、アプローチの仕方も違う。

だけどゴールは同じで、「幸せに感じていただきたい」

髪型、スタイルを

楽しいお話しを

気持ち良くリフレッシュできたと

ゆったりとできたと

ケアを安くできたと

・・・

haruにきて良かったと思っていただけるように、方法は沢山あるハズです。

伸びたからの義務感を、期待以上に喜んでいただけるように。

勉強にもなり、感動して、仕事への意欲にもなりますので、外食もたまにはいいものです。

写真はオーナーがご褒美にと連れていってくれました!

0コメント

  • 1000 / 1000