beauty salon haru nail

グリーンネイルのお話しNo.2


グリーンネイルの原因について。。。


「緑膿菌」 という言葉はあまり耳にしない言葉かもしれませんが、 

この菌がジェルなどのつけ爪と自爪の隙間に入りこみ繁殖するのがグリーンネイルの原因です。

 緑膿菌はどこにでもいる常在菌でカビに1種です。  

この菌は狭く、湿気のある場所で増えやすく、シジェルネイルと自爪の隙間などに入り込むと 繁殖しやすくなるのです。 


 1、処理をせずジェル・スカルプ施術する。 

2、ジェルが浮いても放置する。   

  ジェルが浮いているけど、ちょっとくらいなら大丈夫!!!そんな風に思ってる方も多いハズ。   少しの浮きでも菌が隙間に侵入して体温で温められて繁殖しカビの原因になってしまいます。   特にジェルネイルは持ちがいいのでついつい交換時期(ジェルネイルの場合約3週間)を   

  過ぎてもつけ続けている方も多いのではないでしょうか??   

  交換時期を過ぎると爪の成長の影響などで隙間ができやすくなります。

  ですのでネイリストはジェルの交換時期を守って下さいね」と言うのです。   

  交換時にジェルをオフしたら爪が緑でびっくりした人も沢山いるハズです。

3、指先をよく使う仕事の方はジェルが浮きやすくグリーンネイルになりやすい。  

 ・美容師さん  

 ・主婦さん  

 ・事務員さん   

 などは特にグリーンネイルに対しての注意が必要です。

 次回はグリーンネイルの対処、治療方法をお伝え致します。

アートサンプルは、インスタID:b.s.haru.nailにてUP中!!!!^^

https://b-s-haru-nail.amebaownd.com/posts/2247272

0コメント

  • 1000 / 1000